コイシの歩み


安政5年 船橋市中野木町で菜種集荷、搾油業創業
明治36年 肥料販売開始
大正7年
小石油屋より先代小石一雄独立,小石商店設立   
肥料・小麦販売及び米の集荷開始(現本店・船橋市宮本)
昭和27年 肥料統制解除により営業開始
昭和33年 飼料販売開始
昭和38年 プロパンガス事業開始
昭和47年
米のコイシ津田沼店出店
プロパン事業分離(現(有)小石プロパン・船橋市駿河台)
昭和52年 房総米穀(株)船橋精米工場として認可される。
昭和54年 船橋総合卸商業団地協同組合に配送センターを設ける。
昭和57年 不動産管理部門分離・設立(現(有)ミツギ・船橋市宮本)
昭和59年 船橋市高瀬町食品協同組合に大型精米設置
平成1年 小石産業株式会社設立
平成7年
新食糧法施行に伴い、船橋卸団地内に玄米直販店出店及び、
24時間稼働無人コイン精米機設置。
平成8年 米穀卸売業の新規登録申請を行い、登録通知を受け取る。
船橋市場営業所設置。
平成18年


前社長小石税が会長に、小石太郎前常務が社長に就任。就任式を兼ねた
第一回事業発展計画発表会を開催(記念講師 牟田學氏)。
船橋卸団地内の玄米直販店を「卸・小売センター船橋卸団地店」とし新装オープン。
平成19年 船橋市場営業所を「卸・小売センター船橋市場店」とし、新装オープン。
平成21年 松戸南部地方市場内に「卸・小売センター松戸市場店」新規オープン