玄米食のすすめ

米のコイシでは、お米を玄米のままお召し上がりになることをお勧めしてます。玄米食はきっと皆様の健康づくりのお手伝いになるものと確信しております。

〈玄米食をおすすめする理由〉

  • 秋、たわわに実った稲穂です
  • ①玄米は「完全栄養食」

    玄米とは「稲の種」。
    それだけで一つの生命体であり、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含み、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をとることができます。
    最近では著名な先生も玄米食をすすめるようになり、認知が広がっています。
  • 稲穂から脱穀、籾摺りを経て玄米になります
  • ②豊富な「食物繊維」

    玄米に含まれる食物繊維の中でも「不溶性食物繊維」が消化に時間をかけ、その結果、急激な血糖値の上昇を抑えます。
    GI値の低い食品として認知され、インシュリン抑制により肥満の原因を抑える効果が期待されます。
    そして、その食物繊維が腸へ刺激を与え、バツグンな排便効果を導きます。
    スッキリ!!!すばらしい世界へあなたをご招待します。
  • 玄米・5ぶ搗き精米・精米
  • ③試してわかる色々良いこと

    玄米食を実際にしてみると様々な良いことが実感できます。もちろん個人差はありますが、私(小石)の場合、間食をしたくなくなります。食物繊維の効果かもしれませんが「腹持ち」が良いのですね。その結果、余分なカロリーをとらずに済むことになると思います。 これも私の感じることですが、仕事への集中力がアップします。なぜか気持ちが落ち着くのです。食後も血糖値の上昇が緩やかであることが関係していると思いますが、食後も眠くなったりもしないのです。
    長野県で教員、教育長を務めた大塚貢先生の文献には「発芽玄米入りご飯と魚や野菜のおかずでバランスがとれた食事は、体を強くするだけでなく、心も安定させる。」とあります。私が体験していることは、教育現場でも確認されているようです。

※ 企画協力 日本食養の会

〈玄米の炊き方〉

※ 様々な方法が紹介されていますが、一例としてご案内いたします。

  • 玄米を水で洗います
  • ① 玄米を水で洗います。

    玄米に含まれるゴミやホコリを取り除くために、浸水して数回かき混ぜ、水を取り替えます。
  • 浸水時間を3時間以上、出来れば24時間とります
  • ② 浸水時間を3時間以上、出来れば
        24時間とります。

    長い浸水時間によって、玄米に充分な水分が吸収され、胚芽が活性化されます。
    そうすることにより玄米は、より身体にやさしくなり、味も消化も良くなるそうです。
  • 水を取り替え、塩をひとつまみ入れ、泡立て器でかき混ぜます
  • ③ 泡立て器でかき混ぜ、水を取り替え、
        塩をひとつまみ入れ、馴染ませます。

    少量の塩を加えることにより、玄米の炊きあがりが柔らかくなり易くなり、また玄米の旨味を引き出す効果も期待できるようです。
    金属の泡立て器を使うと「横着して…」と言われてしまいそうですが、金属で傷を付けることにより、炊き上がりを柔らかにする効果があるようです。
  • 炊飯器に移し、水加減
  • ④ 炊飯器に移し、水加減

    白米の水加減と比べると、1.5倍くらいの水加減が目安です。
    最近は炊飯釜に玄米用のメモリがついているものが多いですが、玄米の質や好みによってご自身の加減をみつけましょう。
  • 炊飯
  • ⑤ 炊飯

    玄米モードがある炊飯器は便利ですね。通常の白米モードでも充分美味しく炊けますが、その場合は、炊飯が終了しても10分以上はフタを
    あけずに蒸らす時間をとると良いでしょう。

※ 企画協力 日本食養の会

お客様の声

  • 東京都在住 化粧品会社経営 都澤 惠里雅 様
  • 玄米食は去年の8月から体質改善を目的に食べ始めていたのですが年末年始に、8キロも激太りしたことをきっかけに、本格的にダイエットをすることを決意して以来、本格的に玄米中心の食事へと変えました。
    平日の朝は必ず玄米とお野菜をたっぷり入れたお味噌汁を食べます。お昼もなるべく玄米でおにぎりを作ってなどを持ち歩くようにして玄米を食べられる時には玄米を食べるようにしています。夜ごはんはお米を抜くようにしていますので、玄米は食べず、お肉やお魚、お野菜などを頂きます。
    このメニューで1月中旬から丸3カ月でなんと6キロ、痩せることができました。 ダイエットというと、食べる量を減らすというイメージがありますが、わたしの仕事が体力勝負のお仕事なため、体調を崩しかねないダイエットは好ましくないのですが、玄米のおかげで、しっかり食べて、きっちりと痩せることを実現できたと思います。
    目標体重まで、あと2キロ。 引き続き、米のコイシさんの玄米を食べて、健康的なダイエットに励みたいと思います。

    東京都在住
    化粧品会社経営
    都澤 惠里雅 様


  • >東京都国分寺市在住 社会保険労務士 安中繁様
  • 私たちは、事務所の賄い昼食でいつもコイシさんの玄米を炊いていただいています。 「玄米ってどうやって炊くんだろう?」って思っていましたが、 普通に炊いて、香ばしくいい香りの玄米が炊き上がります。 おかずがほとんどなくても、「玄米+うめぼし+味噌汁」だけで満足します。 白米だと今では物足りないくらいです。

    東京都国分寺市在住
    社会保険労務士
    安中繁様

    
安中様の事務所の賄い昼食

「おすすめ玄米」のご紹介

  • 富山[特栽米アルギット]コシヒカリ
  • 富山[特栽米アルギット]コシヒカリ

    北アルプスの美味しい水と富山平野の豊かな土壌で「海藻アルギット米生産部会」の農家が、統一した良質の天然素材を肥料にして生産したお米です。太陽と海の栄養分をしっかり吸収してたくましく育った天然海藻を肥料の一部として使用。土壌に微生物を増殖させ、土壌環境をクリーンにし、肥料の効果を高めて育てた逸品です。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 庄内[特栽米]つや姫
  • 庄内[特栽米]つや姫

    山形の風土が生んだ、 わが国の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」。その正統の系譜から誕生したブランド米です。際立つ「粒の大きさ」「白い輝き」「旨さ」「香り」「粘り」をお試しください。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • プレミアムふさこがね〈匝瑳の舞(そうさのまい)〉
  • 千葉県匝瑳地区産特別栽培
    〈匝瑳の舞(そうさのまい)〉
    プレミアムふさこがね

    平成18年発足「そうさの米研究会」により、減農薬・減化学肥料栽培、大粒のみを選別するなど、高基準をクリアした玄米です。高品質ですがお求めやすい、人気玄米です。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 千葉県いすみ産〈国吉米〉コシヒカリ
  • 千葉県いすみ産
    〈国吉米〉コシヒカリ

    大和朝廷の時代から農耕文化が開花していた夷隅川流域のこの地域は、肥沃な土壌ときれいな水に恵まれ「国吉米」として高く評価されています。古くは献上米としての歴史を持つお米の名門です。
  • 千葉県長生郡長柄町〈味庄米〉コシヒカリ
  • 千葉県長生郡長柄町
    〈味庄米〉コシヒカリ

    長生郡長柄町は品質の良い米の生産地ですが、その中でも更に良質米を生産するエリアがあります。山間の「味庄」というエリアの優良生産者に、弊社が直接生産を依頼しており、希少な良食味米を扱わせていただいております。

    生産者の池澤儀之さん